ボールルームダンスのライブ配信競技会とオンライン競技会

2020/09/12 DOJO主のダンス独り言

※加工ありあり

 

ダンス界も色々と試行錯誤しながら

 

先日、プロダンサーによる会議(ブロック会議)が行われ

このコロナ禍の中でダンス界が生き延びていくため

色々なことが話し合われました。

 

こんな状況なので直接会っての会議は出来ないので

しばらく前から会議はリモートで行っています

まだまだしっくりきませんが

この状況が続く限り慣れていかないといけないですね

 

その中で報告があったのはタイトルの通り

普段なら7月8月と毎週のようにあったパーティーや

日々の練習の成果を発揮するべき競技会が

中止や延期に追いやられているこの状況に

ダンス界の偉い先生方が考えて下さったのが

ライブ配信競技会とオンライン競技会です

 

ライブ配信競技会はウィズコロナ時代を想定しての

無観客によるリモート競技会でYouTubeでLIVE配信

 

オンライン競技会は選手が各自で競技会のように踊り

その動画を投稿することにより審査していくというもの

 

どちらも通常の競技会の開催が困難な状況で

選手のモチベーション維持の助けになるようにという

思いから考えられました

 

とても選手のことを考えてくれていてありがたいです!

 

…ただ知っている人は知っている通り

考え方が斜めにできている僕からすると

無観客競技会はその場にお客さんがいないだけで

YouTubeでは見られている普通の競技会なので

なかなか変わったことはできませんが

オンライン競技会はもっと変化球も入れば面白いのに

と思ってしまいました。

 

見映え重視でカメラワークあり、編集有り加工ありありで

おもしろ競技会のセクションもあったりしたら

面白がって興味を持ってくれる人が来て

また新しいダンス愛好家を獲得できるチャンスが!

なんてことも(笑)

 

もちろん普通に踊る競技会があってこその事なんで

ふざけすぎてはダメですけどね

今は何が興味を惹かれるのか分からない時代なので

なんでも試してみて損はないですよね

 

と独り言でした