社交ダンスって最初に習うことが難しい?

2020/10/27 DOJO主のダンス独り言

社交ダンスって最初に習うことが難しい?

 

自分が初めて社交ダンスを習ったのは

もうかなり前(20年以上前)の事なので

はっきりとは覚えていませんが

色々と初めて聞く用語に戸惑った気がします。

 

その一つに「ターンアウト」がありました。

 

今も言われるこの用語…

あの頃はとりあえず外側に足をねじることを意識して

出来る限り回していたような気がします。

そして身体が変な方向に開いてしまっていました💦

( その時は大真面目なのでやりすぎて

  バランスが悪いことに気づいてません )

しかも回しているのは足の裏で!

まぁこの頃は根性論も残っている時代ですし

今に比べて技術がはっきりしてなかったので

仕方ないと言えば仕方ないのですが…

 

今は無理してターンアウトは意識していませんし

生徒さんにもそんなに言っていないので

(もちろん内股にならないようにはレッスンしますが)

そこまで回している人もいないと思ってましたが…

「ターンアウトはどこまで回せばいいですか?」

と質問を久しぶりに受けました。

この生徒さんは岩満が初心者からレッスンしていないので

最初に習ったことはわかりませんが

こういう質問がくるってことは

最初に習ったことがず――――っと残るんだな

と思いながらターンアウトについて

自分が思うところを話しました。

 

簡単に書くと

・立っている後ろの足はつま先を外側に向ける

・前に足の小指をポイント

・そのまま足の裏を床におろしながら足首を進める

・前の足の体重を通過させながら

・後ろの足の親指を床に残す

・逆の足を出し小指を前にポイント

で自然にターンアウトは「起きている」はず

 

この「起きている」が自分的にはすごく重要で

自分で「起こす」行動ではなく

結果的に「起きる」現象だと思っています。

 

なんとなく難しい話ですが

伝わるとうれしいな、と思います。

西船橋の社交ダンススタジオ

ダンスDOJOイワミツの岩満でした。