西船橋の社交ダンススタジオで、たまには技術的な話も

2021/01/13 DOJO主のダンス独り言

 

ダンスの技術的なことも書かないと

なんの先生だか分からないので

たまには、ダンスのレッスンでよく言われること

また勘違いしてしまいやすいことを

なんとなく、書いていくブログです

※あくまで岩満の個人的な考えです。

 

 

手は動かさない?

 

社交ダンスのレッスンを受けていれば

一度は言われたことがある人も多いのではないか

という言葉…

「手は動かさない!」

今日はこの言葉について考えてみよう。

 

 

なぜ、手を動かさないって言われるのか?

 

それは社交ダンスが組んで踊るペアダンスのため

手を動かすことによって一緒に踊っている相手の

バランスを崩すこともあるからです。

かといってほかのダンス、例えばバレエのように

男性が女性の補助のイメージではなく

社交ダンスではお互いのバランスを支えたり、

ウエイトを利用したり、スピードに変化を付けます。

この時、手で無理に相手を速く動かそうとすると

相手はバランスを崩して上手く踊れなくなります。

 

ここで言われるのが

「手を動かさない!」です。

 

しっかりとした身体の動きが伝わっていない手は

よく野球やゴルフなどでも言われる「手打ち」で

手を振り回しているだけの動きになってしまします。

これでは自分のダンスを邪魔されている相手からは

「手を動かさないで欲しい…」

と思われるでしょう。

 

自分の身体の動きがエネルギーとして手に伝わり

相手の手を通して相手の身体に伝わる。

そしてそれがダンスの緩急や強弱などの変化を付ける。

 

押しすぎてしまったり、引っ張りすぎてしまったりと

加減が難しいのですが、逆に言えばそこが

社交ダンスの一番の醍醐味といえるのです!

 

そんな社交ダンスの醍醐味が味わいたい方は

西船橋の社交ダンススタジオ

ダンスDOJOイワミツまで

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

と、ここまでは

「手を振り回さない」=「手を動かさない」の話ですが

実際の競技会やバリエーションを踊る時に

相手の動きを邪魔しないで逆に利用させて

しかも手は動かさない!と言われたら可能でしょうか?

厳密な意味で手を動かさないならば無理だと思います。

…たんに岩満に技術がない可能性もありますが💦

競技会やバリエーションを踊る時に

どうやればいいのかは、またのブログで~🎵