ダンスでしなやかに踊れるために

2021/08/25 DOJO主のダンス独り言

千葉県船橋市のダンススタジオダンスDOJOイワミツでは

しなやかに踊れるためのちょっとしたコツを教えています。

 

 

 

ダンスでしなやかに踊れるために

 

 

 

ダンスでしなやかに踊れるためには

身体に力が入らないように

引き上げている事が大切です。

 

身体が下に落ちている感覚では

稼働する部分に余分な重みがかかり

しなやかに動いたり

素早く動くことを邪魔してしまいます。

 

身体を引き上げ

頭を持ち上げている意識で

関節などが自由に動く

イメージをもちましょう!

 

ただ

頭などを持ち上げようとして

逆に力が入ってしまうと

しなやかさと反対に

固い動きになってしまうので

注意が必要です。

 

頭を持ち上げる時に力が入ると

頭を持ち上げている首や首回り

肩や背中まで固まってしまい

しなやかな動きは難しくなります。

 

 

では

力を入れずに頭を持ち上げるには

いったいどうすればいいのか?

 

それには

イメージを変えるのが一番です!

 

頭を持ち上げるのではなく

下から吹き上げる空気で

浮き上がるイメージにすると

頭の位置は高くなりますが

簡単に首回りの力が抜けます。

 

一番近いイメージは

昔のおもちゃであった吹き玉です。

 

吹き上げパイプのフリー画像がなかったので

急遽自作(-_-;)


 

この浮いているボールを

その下から空気で押し上げるように

頭をフワフワと上げている

イメージの方が

一点で支えるより首が固まりません。

 

頭はそれなりに重い部品ですので

支えるには力も入りますし

重みで背骨に負荷がかかれば

背骨をしなやかに動かすことが

難しくなります。

 

しなやかに踊るためには

背骨が自由に動けることが

かなり重要になってきます。

 

しかもこれは

ラテンでもスタンダードでも共通し

首だけじゃなく

その他の関節にも使えるイメージです。

 

しっかり立とう!

いい姿勢で立とう!

 

というのは大切ですが

姿勢を良くしようとするあまり

身体が固くなってしまっては

スムーズに動き

しなやかに踊る事は出来ません。

 

 

自分の首や肩回りが固まってないか

確認してみるのも

しなやかに踊るためには

かなり有効だと思います。

 

 

以上

千葉・船橋の社交ダンススタジオ

ダンスDOJOイワミツのブログ

「ダンスでしなやかに踊るために」