社交ダンスで認知症予防! ②運動

2020/07/31 ブログ

認知症予防のポイントと社交ダンス 

 

毎回のブログで書きますが

認知症予防には5つのポイントがあり

それには社交ダンスがとても効果的なんです

 

 

②運動

 

生活習慣病予防としても運動は効果がありますが

そもそも体を動かせるのは脳が機能しているから

運動することは脳を刺激することになるのです

また腰や関節など運動器の疾患があり

痛みや動きの制限があると生活の幅が狭まり

認知症発症時、症状が急激に進行してしまうことも

 

なので社交ダンスで無理なく運動習慣を身に付け

身体と脳のトレーニングを行いましょう

 

 

社交ダンスは認知症予防の運動にピッタリ!

 

運動で認知症予防するなら

 ☆筋トレ・ストレッチ・バランス

 ☆有酸素運動(ジョギングやウォーキング等)

 ☆目標を決める

 ☆考えながら運動する(コグニサイズ)

などが効果的と言われています

 

なので、一人でも筋トレやストレッチ

バランスをとるトレーニングができて

目標を決めて考えながら有酸素運動が出来るなら

別に社交ダンスじゃなくても

認知症予防は大丈夫だと思います

 

でも筋トレやストレッチを一人では

なかなか毎日やろうと思えない…

ジョギングやウォーキングは天気が悪かったり

夏の暑さや冬の寒さでは続けられないかも…

目標を決める?考えながら運動?って

何をしたらいいかわからない…

 

 

それが社交ダンスなら全てがクリアできます!

 

・お腹を引き上げながら(筋トレ要素)

・背筋を伸ばして立つ(ストレッチ要素)

・ヒールのあるシューズで踊る(バランス要素)

・音楽に合わせて踊れるので楽しく有酸素運動が行

える

・室内なので暑さ寒さ、天候に左右されない

・踊るステップの順番は変化させられるので

常に頭を使いながら動ける

・社交ダンスにはパーティーダンス、メダルテス

ト、競技会、デモンストレーションと色々な方向性

があるので自分に合った目標がきっと見つかる

        ⇓

なにより楽しいから無理なく続けられるのが

   社交ダンスの一番の魅力です!

 

しかも、社交ダンスで身につく姿勢の良さ、歩き方

は、日常生活で歩くという行動の運動量を自然に増

やすことができる

 

週に1~2回のレッスンでも

毎日できる運動習慣に変えることができるなら

社交ダンスやらないのは損だと思いませんか?

 

 

認知症予防の運動は、単に認知症にならないように

するという後ろ向きなものではなく、生活をより

健康的に、より充実して送るために楽しんでいける

趣味として取り組んでいきましょう!