西船橋の社交ダンススタジオでいつまでも若々しく! ③二の腕

2020/10/22 DOJO主のダンス独り言

社交ダンスでいつまでも若々しく ③二の腕

 

女性が気になる体の部分の中で

二の腕もけっこう上位に入るのではないでしょうか?

他の部分は季節に限らず服で隠すことができますが

二の腕は夏場など薄着になると隠すのが難しい箇所です。

しかもなかなか引き締めるのが大変なんです!

 

なぜなら腕は前で使うのが当たり前で

その際、腕の筋肉で刺激されるのは上側だけになり

下側の筋肉は使われないので結果的に筋肉が落ちます。

そしてよく言う「二の腕のたるみ」になっていくのです!

 

上手に踊っている人は身体が引き締まっている

 

では、社交ダンスを踊ることが

なぜ二の腕の下の筋肉に効果があるのでしょう?

 

社交ダンスでは美しく踊るためには

肩が上がっていたり

背中が丸まっている状態はダメです。

腕を上にあげるからと言って、

肩と腕の上の筋肉を使い持ち上げてしまうと

美しくは踊れませんし

普段の姿勢にも影響が出ていまいます💦

 

社交ダンスではラテンでもスタンダードでも

肩から腕を外側にねじるように胸を開きます。

これは肩が内側に入っていて

背中が丸まって見えないことが大事だからです。

この時小指を遠くに伸ばすようにすることが大切です。

この肩から腕を外側にねじり遠くに伸ばす動きが

実は二の腕のたるみに効果があるんです。

特にラテンアメリカンのルンバでのアームの使い方は

肩回りから腕を外側、内側とねじる動きになるので

しっかりと筋肉に刺激が与えられます。

 

一人でやってみてもほとんど実感がないかも知れません。

でも、マンツーマンの個人レッスンがメインの

社交ダンスだったら大丈夫です!

レッスンの中でこう使うと実感できますよ。

と、教えられるのできっと反応を感じられるはず。

 

そしてなにより大事な点なのは

トレーニングとして二の腕をシェイプするのではなく

ダンスを楽しんでいるうち

いつの間にか二の腕のシェイプができる

ということです。

 

そんな一石二鳥なダンスを楽しみたいなら

西船橋の社交ダンススタジオ

ダンスDOJOイワミツまでお問い合わせください。