認知症予防には社交ダンスが一番です!

2020/07/27 ブログ

先週のNami Hirai SekiguchiさんのFacebookで見つけました

NHKの番組でやっていたみたいです

 

ということで

やっぱり社交ダンスは認知症予防に効果的なんです

 

社交ダンスをやっていると一番に思うことは

教えている先生も生徒さんもすごく若い!

もちろん実際の年齢が若いという事ではなく

すごく若く見える!!ということがあります

年齢を知っているはずなのに改めて聞くと

そのたびにびっくりしてしまう 

なんてこともよくあることです

 

社交ダンスでのあるある 

94歳の方がアマチュアデモンストレーションに出演したときは

腰を丸めながらゆっくりと登場したのに

曲が始まり踊り始める瞬間にしっかりと腰が伸び

優雅にフロアーを踊るなんてことは

社交ダンスにはよくあることなんです

 

認知症予防に大切な五つのポイントと社交ダンス

自分が社交ダンスを教えていて生徒さんに感じることと

認知症予防に大切な五つのポイントを

社交ダンスに重ねて考えていこうと思いいます

 

五つのポイント

 ①生活習慣病の予防・治療

 ②運動

 ③達成感を味わう

 ④他人と交流する

 ⑤無理なく続けられる

 

という五つのポイントですが

①の生活習慣病の予防・治療に関しては勿論治療は出来ません

でも予防に関しては、社交ダンスがとても適しています

 

②、④とも共通しているのですが

生活習慣病の予防には

 ☆食事に気を付ける

 ☆スポーツや楽器など身体を使う活動

 ☆いつもの行動に頭を使う

 ☆人とのコミュニケーション

などがあり、食事以外は社交ダンスでフォローできることです

 

ダンスは自分の身体を楽器のようにして

音楽を表現するスポーツで

他のダンスとは比べても人とのコミュニケーションがあり

かなり頭を使うものだと思います

 

もちろん、ただただ楽しいというのも大きな魅力ですが

これからの充実したセカンドライフを過ごすには

社交ダンスは選択肢の一番に考えていただければと思います

 

次回からのブログではより具体的に認知症予防と

社交ダンスがどう良いのかを書いていきます